文字のバランスと、音の響きがポイント

漠然としたイメージが出てきたら、そこから文字と、音の響きを考えます。是非使いたい漢字がある場合などは、その漢字と他の漢字を組み合わせた名前を複数考えてみます。このとき命名の本などに載っている字画を参考にするのも良いでしょう。字画は陰陽のバランスを大切にしますから、名前だけの文字バランスのみならず、書いた時の苗字とのバランスもとりやすくなっています。とても素敵な漢字を複数使ってみたけれど、平凡な苗字と何だかしっくりこない等、書いてみて気付く場合があります。また、常用漢字以外の難解な文字や、不吉な漢字は名前として認められない場合がありますので、注意が必要です。逆に音の響きを先に考えるのも、近年の流行です。特に女の子の場合、可愛らしい響きが好まれます。リンとかココとか、音の響きから漢字をイメージしたり、ひらがなであえて柔らかなイメージにする等もいいでしょう。

klasdjflasdklfklsj.com